2019/06/06 07:01

実写版『アラジン』が期待できる5つの理由

人間に変身中のジーニー(ウィル・スミス) (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
人間に変身中のジーニー(ウィル・スミス) (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー不朽の名作アニメーションを実写化した映画『アラジン』がいよいよ7日より公開される。ここでは本作が期待できる5つの理由を紹介したい。(編集部・中山雄一朗)

オーディションで選ばれたメインキャスト二人

 主人公のアラジン役とヒロインのジャスミン役には、新鋭メナ・マスードと『パワーレンジャー』などのナオミ・スコットがオーディションで選ばれた。それまでほぼ無名だったメナだが、一時は大規模なオーディションを行うも、アラジンにピッタリな俳優が見つからず、キャスティングが難航していると伝えられていた中、見事アラジン役を射止めた逸材だ。

 一方のナオミは2011年にディズニー・チャンネルのオリジナルムービー「レモネード・マウス」に出演した経験を持つ、まさにディズニープリンセスにピッタリな存在。2017年に公開された『パワーレンジャー』ではピンク・レンジャーを演じて注目を浴びたほか、11月に全米公開予定のリブート版『チャーリーズ・エンジェル』のメインキャストにも抜てきされ、いま最もブレイクが期待されるハリウッド女優の一人といえる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >