2019/06/07 10:01

こんなところで!『アベンジャーズ』キャスト共演していた!

『私がクマにキレた理由(わけ)』撮影中のクリス・エヴァンスとスカーレット・ヨハンソン James Devaney / WireImage / Getty Images
『私がクマにキレた理由(わけ)』撮影中のクリス・エヴァンスとスカーレット・ヨハンソン James Devaney / WireImage / Getty Images

 全世界で歴史的大ヒットを記録中の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。ここでは、アベンジャーズのメンバーを演じたキャストたちが同シリーズ以外で共演している映画をまとめてみた。(編集部・中山雄一朗)

『ゾディアック』(2007)

 『セブン』『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャー監督が、アメリカで実際に起きた連続殺人事件を映画化したサスペンス。事件を追う新聞記者役でアイアンマンことロバート・ダウニー・Jr、刑事役でハルクことマーク・ラファロが共演。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で新キャラクター、ミステリオ役を務めるジェイク・ギレンホールが、ロバートふんする記者の同僚である風刺漫画家を演じているのも注目だ。

『私がクマにキレた理由(わけ)』(2007)

 ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンが、ひょんなことからマンハッタンに住むゴージャスなマダムの家で、シッターとして雇われることになるヒロインを演じたコメディードラマ。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが、スカヨハふんするアニーが出会う“ハーバードのイケメン”を演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >