2019/06/05 04:16

北村一輝『アラジン』自分消して挑んだジャファーの吹替

「まさかあのジャファーを!」と驚いたという北村一輝
「まさかあのジャファーを!」と驚いたという北村一輝

 実写版『アラジン』(6月7日公開)のプレミアム吹替版で邪悪な大臣ジャファーの声を担当した俳優の北村一輝が取材に応じ、「自分は消して」挑んだという本作について語った。

 『アラジン』は貧しくも清い心を持った青年アラジンと、王女ジャスミンの身分違いのラブロマンス、そして3つの願いを叶える力を持つ魔人ジーニーが宿る魔法のランプに関わる冒険を描いている。北村が日本語版の声を務めたジャファーは、砂漠に囲まれたアグラバー王国の国務大臣。王国を乗っ取ろうと企む邪悪な大臣で、オランダ人俳優のマーワン・ケンザリが演じている。

 オファーを受けた際には「まさかあのジャファーを!」と驚きつつも、「嬉しさが一番だった」という北村。ジャファーはディズニーのヴィラン(悪役)の中でも特に人気のキャラクターだ。だが今回のジャファーはアニメーション版と比較すると「見た目も若くアニメーションのジャファーとはイメージの違いがあり『おっと』と思いました」と少し戸惑いはあったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >