2019/06/05 18:15

「なつぞら」貫地谷しほり、12年ぶり朝ドラでも存在感!東京編に勢い

貫地谷しほり 写真は2017年に撮影
貫地谷しほり 写真は2017年に撮影

 放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、12年ぶりに朝ドラ出演を果たした貫地谷しほりが存在感を放っている。

 4月1日にスタートした「なつぞら」。父の戦友に引き取られて北海道十勝で酪農を手伝いながらたくましく育った戦災孤児の奥原なつ(広瀬すず)が、やがて草創期のアニメーションの世界へと飛び込んでいく姿を描き出す。第10週からは、東洋動画に入社したなつがアニメーション制作の現場で奮闘する姿が描かれている。

 貫地谷が演じるのは、美大を卒業後、東洋動画に入社したスゴ腕アニメーターの大沢麻子。誰に対しても物おじしない性格で、社内で激しく口論をすることも。あるとき麻子からなつは、理不尽に厳しい言葉をかけられ憤慨するが、客として訪れていた茂木(リリー・フランキー)から、麻子の言葉の裏にある思いもよらなかった意図を聞かされる。麻子のツンツンした様子をはじめ、貫地谷の存在感や演技力、美しさに反響が続々と上がっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >