2019/06/06 12:00

上田慎一郎監督『イソップの思うツボ』予告編、中盤から一変 キーワードは復讐、家族、裏切り!?

訂正されたキャッチコピーも意味深…『イソップの思うツボ』ビジュアル (C)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
訂正されたキャッチコピーも意味深…『イソップの思うツボ』ビジュアル (C)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

 上田慎一郎監督ら『カメラを止めるな!』のスタッフが再集結する映画『イソップの思うツボ』(8月16日公開)の予告編が公開。苗字にそれぞれ「亀」「兎」「戌」と動物の名前が入った3人のヒロインを軸に、『カメ止め』と同様、前半と後半でガラリと異なる展開を見せている。

 動員数220万人、興行収入31億円を突破し、社会現象を巻き起こした2018年のヒット作『カメラを止めるな!』の上田監督が、同作にかかわった中泉裕矢と浅沼直也とともに共同で監督を務める本作。「ネタバレ厳禁」を謳う本作は、これまで発表されたのは10人のキャストと一部のキャラクター設定のみ。公開された予告編では青春、誘拐、復讐、家族、裏切りと言ったワードが並び、青春映画なのか、犯罪劇なのか、予測不可能な物語の片りんを見せている。

 予告編は、「空からカメが降ってきた」という荒唐無稽なニュースが報じられるところからスタート。カメだけが友達の内気な女子大生・亀田美羽(石川瑠華)、“タレント家族”の娘で美羽と同じ大学に通う兎草早織(井桁弘恵)、父と二人で復讐代行屋を営む戌井小柚(紅甘)。前半は、「青春は、予測不能だ。」というコピーと共に彼女たちの恋、友情、夢を描く青春物語の様相だが、中盤「騙されるな!」のテロップを合図にトーンが一変。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >