2019/06/06 08:00

ひつじのショーン映画第2弾、邦題は『UFOフィーバー!』

本日6月6日は「ひつじの日」!(66がひつじの角がクルッと巻いているように見えるため) (c) 2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All Rights Reserved.
本日6月6日は「ひつじの日」!(66がひつじの角がクルッと巻いているように見えるため) (c) 2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All Rights Reserved.

 英国アードマン・アニメーションズの人気作「ひつじのショーン」の長編映画第2弾『A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)』の邦題が『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』に決まり、12月13日に日本公開されることになった。

 イギリスの片田舎の牧場を舞台にしたシリーズでありながら、UFOが現れたことでまさかのSF映画となる本作。牧場主は宇宙をテーマにしたアミューズメントパーク「FARMAGEDDON」を作り一儲けを企むが、ショーンはUFOに乗っていた宇宙人ルーラとすぐに仲良しに。ルーラを家に帰してあげようとするショーンの前に、次々と思いもよらぬハプニングが立ちふさがる……。

 邦題及び公開日決定に併せ、劇中カット5点も一挙公開。ルーラは青&紫色の犬のような姿で、太っちょのひつじ・シャーリーにすっかり懐いているようでかわいらしい。ルーラはいたずら好きな女の子で、あらゆるものを浮遊させる超能力を持っているのだそう。『E.T.』を思わせるショーンと赤ちゃんひつじ・ティミーが自転車に乗るカットがあることからもわかるように、本作にはSF映画へのオマージュもふんだんにちりばめられており、大人もワクワクできるはずだ。(編集部・市川遥)

『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』は12月13日より全国公開

【関連情報】
キラキラ!『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』劇中カット5点
「ひつじのショーン」初期設定は彼女持ち&バイク乗りのリア充だった!初登場からテレビ、映画になるまで
「ひつじのショーン」は子供向けじゃない!大人もハマる理由を監督が語る
エディ・レッドメインのテンション高過ぎ!アードマン新作アフレコ現場公開
ゾンビとミュージカルが禁断の出会い!『アナと世界の終わり』監督のゾンビ論
『キングスマン』新作は来年バレンタインに公開!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >