2019/06/06 04:00

未来の王、シンバよ…『ライオン・キング』日本版予告編公開

“超実写版”! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
“超実写版”! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニーの名作アニメーションの“超実写版”である新作映画『ライオン・キング』(8月9日公開)の日本版の予告編が公開された。日本限定の最新映像も使用されており、未来の王となるべくサバンナに生を受けたシンバの運命が映し出されている。

 『アイアンマン』シリーズなどのジョン・ファヴロー監督がメガホンを取った本作は、アフリカのサバンナを舞台に幼いライオンが王へと成長していく姿を描いた作品。アニメーションではなく、実写とも違う新たな表現をディズニーが可能にしており、多彩な分野で活躍する『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のドナルド・グローヴァー(シンバ役)、世界的な歌姫として知られるビヨンセ(ナラ役)らが参加している。

 この度公開された映像はオレンジの太陽が地平線に浮かび上がるシーンから始まり、プライドロックへと動物たちが集まってくる。そしてアニメ版で誰もが心をわしづかみにされたシンバのくしゃみが登場し、未来の王・シンバの誕生を動物たちが祝福している。しかし、そんな喜びのひと時も束の間に、シンバを突如として襲う悲劇、シンバが立ち向かう過酷な運命が圧倒的な映像美で表現されている。

 ファヴロー監督は本作について「アニメーションのテクノロジーとは十分にかけ離れたものでありながらも、あのオリジナルと完全に繋がりのあるものだと思っています」と説明している。「巡る命と受け継がれる世代」というテーマは残しつつ、新時代の『ライオン・キング』が完成している。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
【動画】もふもふだよ~『ライオン・キング』日本版予告編
実写版『ライオン・キング』予告編、公開24時間で最も視聴されたディズニースタジオ作品に
ディズニーアトラクション「ジャングルクルーズ」が映画化!
2019年はディズニー映画が豊作!実写・アニメの強力ラインナップ一挙
実写『白雪姫』に『(500)日のサマー』マーク・ウェブ監督が交渉中
ディズニーの動画配信サービス「Disney+」11月米国で開始!月額6.99ドル

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >