2019/06/12 06:05

ビートルズへのラブレター!ダニー・ボイル監督作『イエスタデイ』10/11日本公開

人気シンガー・ソングライターのエド・シーランも本人役で出演! (c) Universal Pictures
人気シンガー・ソングライターのエド・シーランも本人役で出演! (c) Universal Pictures

 『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が「自分以外は誰もザ・ビートルズを知らない世界になってしまったら……」という“もしも”を描いた映画『イエスタデイ』が10月11日に日本公開されることに決まった。

 主人公は、イギリスの小さな海辺の町に住む、売れないシンガー・ソングライター、ジャック(ヒメーシュ・パテル)。ある日、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭うが、昏睡状態から目を覚ますとこの世には史上最も有名なバンド、ビートルズが存在しないことになっていた! ジャックはそれをいいことに、ビートルズの曲を歌って成り上がっていくが……。

 『スラムドッグ$ミリオネア』で第81回アカデミー賞作品賞、監督賞など8部門受賞を果たしたボイル監督が、「これはザ・ビートルズへのラブレターだ」と語る本作。幼なじみで親友のエリー役で『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、本人役で人気シンガー・ソングライターのエド・シーランら豪華キャストが出演している。生涯における“お気に入りアルバム”の1枚にビートルズの「ハード・デイズ・ナイト」を挙げるリチャード・カーティス(『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』の監督・脚本家)が脚本を執筆した。(編集部・市川遥)

映画『イエスタデイ』は10月11日より全国公開

【関連情報】
【動画】『イエスタデイ(原題)』海外版予告編(英語)
『ラブ・アクチュアリー』『パイレーツ・ロック』『アバウト・タイム』さようなら、ありがとう!リチャード・カーティス監督
『ボヘミアン・ラプソディ』との比較は光栄!『ロケットマン』タロン・エガートンが語る
『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル単独インタビュー~レントンとシック・ボーイの特別な関係~
泣ける…!『アイアンマン』ロバート・ダウニー・Jrが「愛が欲しい」と歌うMVが再脚光
ザ・ビートルズ、未公開映像もとに新作映画

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >