2019/06/11 10:00

吉沢亮がアニメ声優初挑戦!『あの花』長井龍雪監督の最新作

吉沢亮の同一人物の演じ分けにも注目 (C) 2019 SORAAO PROJECT
吉沢亮の同一人物の演じ分けにも注目 (C) 2019 SORAAO PROJECT

 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られる長井龍雪監督の最新作『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)で、俳優の吉沢亮がアニメーション声優に初挑戦することが明らかになった。

 ミュージシャンを夢見る高校二年生の相生あおいは、事故で亡くなった両親の代わりに自分を育てるため、恋人との上京を断念して地元で就職した姉・あかねに負い目を感じていた。そんなある日、音信不通になっていたあかねのかつての恋人・金室慎之介が音楽祭のゲストとして町に帰ってくる。時を同じくして、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の慎之介=通称“しんの”があおいの前に現れ、過去と現在をつなぐ切なくも不思議な四角関係が始まる。

 吉沢が演じるのは、売れないギタリストとなって町に帰ってくる31歳の金室慎之介と、13年前からやって来た18歳の慎之介=“しんの”。アニメ声優は初挑戦となるが、「声優のお仕事に関しては、台本の読み方すらもわからないど素人ですが、監督を信じながら今までのお芝居とは全く異なる視点から役を作っていく時間は、とてもチャレンジングであり、幸せな時間でした」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >