2019/06/13 21:35

アニメがAIで動く!クラシック演奏に「ブラボー!」の声

演奏は地元アヌシー・コンセルヴァトワールの講師たち。 (撮影:中山治美)
演奏は地元アヌシー・コンセルヴァトワールの講師たち。 (撮影:中山治美)

 和田淳ら世界の気鋭映像作家4人が、クラシックの名曲ヴィヴァルディの「四季」をアニメーション映像化した世界初のプロジェクトのライブアニメーションコンサートが現地時間12日、フランスで開催中の第43回アヌシー国際アニメーション映画祭の特別会場アヌシー城内の大ホールで上映された。幻想的な空間で繰り広げられたアニメとクラシックの融合に会場からが「ブラボー!」の声が沸き起こった。

 同プロジェクトは2017年の東京藝術大学大学130周年を記念して制作されたもので、同大学大学院映像研究科教授であるアニメーション作家の山村浩二監督が映像監修を務めている。参加メンバーは「春」をロシアのアンナ・ブダノヴァ、「夏」をエストニアのプリート・パルン&オルガ・パルン、「秋」を和田、「冬」をブルガリアのテオドル・ウシェフ。

 『頭山』(2002)で主要国際アニメーション映画祭の賞を総ナメにし、海外アーティストとも親交が深い山村監督ならではワールドワイドな人選で、『グレートラビット』(2012)でベルリン国際映画祭短編部門で銀熊賞を受賞した和田をはじめ、皆、国際映画祭で受賞を重ねている注目の映像作家たちだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >