2019/06/13 18:32

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ドラックス俳優、スタジオ批判に後悔なし 友人を守るのは当然

熱い男ドラックスを演じるデイヴ・バウティスタ Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージス
熱い男ドラックスを演じるデイヴ・バウティスタ Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージス

 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督が、過去の不適切なツイートを理由に解雇された際にガン監督を擁護し、スタジオへの不満を表明していた、ドラックス役のデイヴ・バウティスタ。ガン監督のシリーズ復帰が決まった今、米ディズニーへのわだかまりはないようだ。collider系列のサイト Pro Wrestling Sheet に語っている。

 ガン監督は2018年7月、小児性愛やレイプなどをジョークにしたツイートを掘り起こされ、米ディズニーに解雇された。しかし、ツイートが10年ほど前のものであり、ガン監督が過ちを認めすでに真摯(しんし)に謝罪していたこと、ツイートが彼に敵対する右派のコメンテーターによって掘り起こされたものであったなどの経緯もあり、ファンからは不満や批判の声が噴出。デイヴも、ガン監督を擁護すると共に「ファシスト共の中傷キャンペーンに与した奴らと働くのは、正直吐き気がする」など、決定を下したスタジオを批判していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >