2019/06/17 13:45

大河ドラマ「麒麟がくる」明智光秀の正室役は木村文乃!語りは海老蔵

「麒麟がくる」出演者が一挙発表!
「麒麟がくる」出演者が一挙発表!

 2020年放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の“戦国武将&戦国の華”出演者発表会見が17日に渋谷のNHK放送センターで行われ、長谷川博己演じる明智光秀の正室・熙子(ひろこ)役を木村文乃が、語りを市川海老蔵が担当することが明らかになった。

 大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とした「麒麟がくる」。大河ドラマでは初の4K撮影となり、従来のイメージとは全く異なる新しい解釈で英雄たちを描く。木村が演じる熙子は、美濃の土豪・妻木氏の娘。光秀の正室として、戦乱に明けくれ、疲弊する光秀の心の支えとなる女性だ。ステージに登壇した木村は「戦国時代を強くたくましく生きている方に、優しく寄り添ってホッとひと息つけるような、そんな優しい温かい人でいられたらなと思っております」と意気込む。

 長谷川との共演はドラマ「雲の階段」以来2度目となる木村は、「1度目の共演の時も、今回も、決してハッピーエンドというわけではないので、それまでの時間を……役者としても、役としても、傍にいて、支えることができたらなと思います。でも長谷川さんはずっと穏やかで物腰が柔らかく、その印象は今回も変わらないです」と明かす。長谷川も「以前共演した時も夫婦になりましたよね。離婚しましたけどね。でも今回は、すごく円満な関係なのでうれしいです」と応じて会場を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >