2019/06/17 21:12

「SSFF&ASIA」に華やかな顔ぶれ!ジョージ・ルーカス アワードは中仏の合作に

トロフィーを受け取ったのはヤン監督の代理(左から4人目)
トロフィーを受け取ったのはヤン監督の代理(左から4人目)

 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2019」(SSFF&ASIA)のアワードセレモニーが16日、都内で行われ、ツェンファン・ヤン監督作『見下ろすとそこに』がグランプリとなる「ジョージ・ルーカス アワード」に輝いた。

 米国アカデミー賞公認&アジア最大級の国際短編映画祭のSSFF&ASIAは、今年で21年目を迎える。『スター・ウォーズ』のヒットメーカーの名を冠したアワードとなる「ジョージ・ルーカス アワード」は、SSFF&ASIAの「インターナショナル部門」「アジアインターナショナル部門」「ジャパン部門」という3つのコンペティション部門の各優秀賞から選出された1作品に与えられる賞だ。

 中国・フランスの合作映画となる『見下ろすとそこに』は、穏やかな夜に起こった階下からの騒音に対する住人の反応を描き出した作品。受賞理由は「フレーミングが素晴らしく、大画面でも見どころがある。何度でも観ることができるし、観るたびに発見がある。人間の潜在意識、社会性や閉塞感がうまく表現されていた。また文字だけでは難しい、映画だからこそ表現できたものであり、ショートフィルムの可能性を感じる作品」というものだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >