2019/06/19 17:05

『東京喰種』続編、タイトルの【S】って何?

塗りつぶされたキャストが話題になったビジュアル (C)石田スイ/集英社(C)2019「東京喰種【S】」製作委員会
塗りつぶされたキャストが話題になったビジュアル (C)石田スイ/集英社(C)2019「東京喰種【S】」製作委員会

 石田スイの人気漫画を窪田正孝主演で実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』(2017)の続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)のタイトルについて、【S】とは何を示すのか? ネット上で疑問の声が上がっており、同作の宣伝チームに意図を聞いてみた。

 不慮の事故により人間を捕食する種族・喰種(グール)と人間のハーフとなってしまった大学生・金木研(カネキ・ケン/窪田)を主人公にした本シリーズ。続編では、人間と喰種の共存を目指す彼が、新たな宿敵と対峙。喰種が集う喫茶店「あんていく」のアルバイト仲間であるトーカ(山本舞香)と共に立ち向かう。

 続編タイトルの【S】について、二番目を示す「second」が思い浮かびやすいが、他に「special」(特別な)なども考えられる。そのほか、続編の宿敵となる美食家の喰種・月山(松田翔太)の名前・習(シュウ)の頭文字もSだ。

 宣伝チームに問い合わせると、「明確な意味やいわゆる“正解”があるわけではなく、皆さんで想像を巡らせることを楽しんでいただけたらうれしいです」との回答だった。

 原作ではキャラクターなどに「隠し数字・文字」が見られ、それが重要な意味を持っているという説もある。本作のポスタービジュアルでもキャストのクレジット欄で1名塗りつぶされている箇所があり、そのキャストを予想する声で盛り上がるなど、原作ファンをくすぐる遊び心あふれる宣伝展開も注目を浴びている。(編集部・石井百合子)

【関連情報】
【動画】松田翔太がヒール怪演『東京喰種 トーキョーグール【S】』予告編
やっぱり宮野真守だった!『東京喰種』新予告タイトルコール
『東京喰種』続編、塗りつぶされたキャストは? 新ビジュアルに反響
松田翔太、『東京喰種』月山習役に「恋愛映画だと思ってやっていました」
松田翔太の月山習に猛反響「カネキ君が喰べながら、カネキ君を喰べたい!」
窪田正孝、全身傷だらけ!色気たっぷりの殺し屋に…『Diner ダイナー』ビジュアル公開

今日の運勢

おひつじ座

全体運

今日はダラダラしてしまいそう。部屋の中が散らかるとやる気が...もっと見る >