2019/06/20 18:00

今度は姉妹で『片腕マシンガール』!『全員死刑』小林勇貴監督がリブート

まさかのリブート! 『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』 (C)2019 「爆裂魔神少女」製作委員会
まさかのリブート! 『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』 (C)2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

 映画『惡の華』の井口昇が2007年に発表したバイオレンスアクション『片腕マシンガール』をリブートした新作『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』の日本公開が決定し、バイオレンス描写を詰め込んだ海外版予告編が公開された。

 『片腕マシンガール』は、いじめグループに弟を殺された女子高生の復讐劇を描いた作品。海外資本で製作され、ヒロインが左腕を天ぷらにされ、拷問で失った腕にマシンガンを装着し、忍者の子孫であるヤクザ一家と激闘を繰り広げるという、ジャンル映画ファンを歓喜させる要素を詰め込んだ一本で、国内外でカルト的人気を博した。

 完全リブートとなる『バーストマシンガール』は、臓器売買組織に牛耳られたスラム街が舞台。かつて親に体を売られた姉妹が、組織への復讐のため、マシンガンを片腕に復讐へと乗り出す。

 “マシンガール姉妹”のアミとヨシエ役には、期待の若手女優を起用。ドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」などに出演する搗宮姫奈(つきみや ひめな)がアミを、特撮「仮面ライダー鎧武/ガイム」のチャッキー役で知られる花影香音がヨシエを演じる。2人とも「関わって頂いたスタッフ、共演者の皆と最高のアクション映画を作れて私自身、心から幸せです」(搗宮)、「正直、この破茶滅茶な台本を読んだときに、どう映像化するのか全く想像がつきませんでしたが、この映画は控えめに言って、アクションありパンチラありの仏恥義理極上エンターテイメントになってます! You should watch this!See you in the theater!」(花影)とその出来栄えに大満足の様子だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >