2019/06/22 10:06

故フレディ・マーキュリーの未発表曲が配信

英バンド「クイーン」のボーカル、故フレディ・マーキュリーが1986年にソロで録音した楽曲「タイム」の新バージョンが20日に配信された。 (2019年 ロイター)
英バンド「クイーン」のボーカル、故フレディ・マーキュリーが1986年にソロで録音した楽曲「タイム」の新バージョンが20日に配信された。 (2019年 ロイター)

[ロンドン 20日 ロイター] - 英バンド「クイーン」のボーカル、故フレディ・マーキュリーが1986年にソロで録音した楽曲「タイム」の新バージョンが20日に配信された。

 同名ミュージカルのコンセプトアルバム向けに、音楽家・プロデューサーのデイブ・クラーク(76)とともにアビーロード・スタジオで収録された。正式な曲名は「Time Waits For No One」。

 セッションでは48トラックのバッキングボーカルが録音され、最終的には96トラックになった。だがクラークは、マーキュリーが最初にピアノ伴奏だけで歌ったオリジナルバージョンが忘れられず、2017年の終わりにようやく見つかったという。

 クラークはロイターに対し「フレディは、ピアノの伴奏だけをバックに素晴らしい歌声を聞かせてくれている」と述べ、「まるですべての言葉をかみしめるかのように歌っており、鳥肌が立った」と語った。

 クラークによると、マーキュリーと初めて会った時、歌い方を聞かれたため「(歌手の)エディット・ピアフ、ジェニファー・ホリデー、シャーリー・バッシーをミックスして欲しい」と要請。するとマーキュリーは「私は全員のドレスを持っている、完璧にできる」 と答えたという。

 マーキュリーは1991年、HIV関連の肺炎で死去した。

【関連情報】
【動画】クイーンのドキュメンタリー
ラミ・マレック、『ボヘミアン・ラプソディ』監督との仕事は「楽しいものではなかった」
『ボヘミアン・ラプソディ』130億円突破!実写洋画の歴代9位に
エルトン・ジョン伝記映画、『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック登場が検討されていた
『ボヘミアン・ラプソディ』監督、マドンナの伝記映画を希望?
ボーイ・ジョージの伝記映画が始動!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >