2019/06/25 07:15

実写『アラジン』ジーニーの「フレンド・ライク・ミー」が鳥肌モノ

映画『アラジン』より。ウィル・スミスふんする“ランプの魔人”ジーニー (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
映画『アラジン』より。ウィル・スミスふんする“ランプの魔人”ジーニー (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 全国映画動員ランキングで3週連続1位を記録し、興行収入55億円を突破する大ヒットを記録しているディズニー映画『アラジン』(公開中)。主人公のアラジン、ヒロインのジャスミン、そして「主人の願いを3つかなえる」という“ランプの魔人”ジーニー、いずれのキャストもハマり役と好評だが、とりわけ注目を浴びているのがジーニーにふんしたウィル・スミスだ。

 『シンデレラ』『美女と野獣』『ダンボ』などディズニーアニメの実写化が続くなか、満を持して公開となった『アラジン』。1993年に公開されたアニメーション映画は世界興行収入5億ドル(約550億円)超えの大ヒットを記録し、第65回アカデミー賞で作曲賞、主題歌賞を受賞。実写化にあたって最もハードルが高かったであろう描写が、故ロビン・ウィリアムズが声を当てた、愛すべき「ジーニー」だ。

 昨年12月ごろから徐々にアメリカでジーニーのビジュアルが見られるようになり、アニメ版に忠実なウィルの「真っ青」な姿が話題を呼んだが、ふたを開けてみるとはまり役。ラッパーでもある彼が、パワフルな美声を響かせながら変幻自在の魔人をノリノリで好演。どれだけアニメに忠実か、などと考えさせる隙を与えないほど役をモノにしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >