2019/06/26 10:02

スティーヴン・セガール、バットマン役候補に挙がっていた!?

スティーヴン・セガールとマイケル・キートンのバットマン Marc Piasecki / FilmMagic / Sunset Boulevard / Getty Images
スティーヴン・セガールとマイケル・キートンのバットマン Marc Piasecki / FilmMagic / Sunset Boulevard / Getty Images

 マイケル・キートンがバットマンを演じ、ティム・バートンが監督した映画『バットマン』(1989)の主役候補として、日本でも知られるアクションスター、スティーヴン・セガールの名前が挙がっていたことを、脚本家のサム・ハムが、 SYFY WIRE のインタビューで明かした。

 キートン版のバットマンは、当初こそ批判があったものの、公開後はそうした声もやみ、今では多くの人から認められている。しかしサムによると、製作・配給の米ワーナーブラザースは当時、バットマン役にアクションスターの起用を希望していた。「彼らは、(素顔の)ブルース・ウエインではなく、バットマンを演じる俳優を起用したいと考えていたんです」。

 しかし、実際の撮影では素顔であるブルースを演じる場面が圧倒的であり、スーツは、シーンによってスタントマンや代役が着用してもいいとサムは言及。「別に、スティーヴン・セガールみたいな武道の達人は必要ないんです。実際のところセガールは、彼らに勧められたうちの一人でした」。セガールは、あくまで名前が挙がったうちに一人にすぎなかったようだが、今聞くとにわかない信じがたい話だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >