2019/06/27 08:03

三浦翔平&大島優子、木村拓哉主演ドラマ「教場」で生徒役

ドラマ「教場」で警察学校の生徒にふんする三浦翔平&大島優子 (C)フジテレビ
ドラマ「教場」で警察学校の生徒にふんする三浦翔平&大島優子 (C)フジテレビ

 木村拓哉主演のフジテレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「教場」(2020年新春、2夜連続放送)に、三浦翔平、大島優子が出演する。27日、同局より発表された。2人が演じるのは、警察学校の冷徹な教官(木村)の生徒。本作で「10年ぶりくらいに短髪にした」という三浦は木村と初共演。「キャストの中でも小柄なので、ジムに通い、身体作りをしている」という大島は、木村と2013年放送のドラマ「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(TBS系)以来、約6年ぶりの共演となる。

 本作は、累計57万部を記録する長岡弘樹の小説「教場」シリーズを原作にしたミステリー。木村演じる「警察学校は適性のない人間をふるい落とす場である」とする非情な教官・風間公親(かざま・きみちか)のもと、30人の生徒が窃盗、薬物、ガス中毒、傷害などさまざまな事件が勃発するなか、サバイブしていく。

 三浦翔平が演じるのは、元ボクサーで生徒の中で最年長の日下部准(くさかべ・じゅん)。同い年の妻と3歳の娘がいる設定で、三浦にとってこれが初の父親役となる。木村との初共演に、「本当に教官らしいたたずまいで、良い意味のプレッシャーというか、ピリっと現場が締まります。でも、怖いというのではなく、実際の教官と生徒のような感じの関係と距離を作ってくださっています。そしてスタジオを出れば、気さくに話しかけてくれるので、とても楽しいです」とコメント。また元ボクサーという役柄に「一応キックボクシングなどの格闘技をやっていたので、そこは説得力を持たせるのに役だったかな、と」と手応えを感じているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >