2019/06/27 19:18

「逃げ恥」が朗読劇に!梶裕貴、生駒里奈ら豪華キャストが集結

(上段左から)10月2日出演の荒木宏文、妃海風、石川界人、友近/(2段目)10月3日出演の細谷佳正、咲妃みゆ、木村達成、壮一帆/(3段目)10月4・5日出演の梶裕貴、生駒里奈、有澤樟太郎、濱田めぐみ/(4段目)10月6日出演の吉沢悠、内田真礼、斉藤壮馬、朴路美<※公演日順>
(上段左から)10月2日出演の荒木宏文、妃海風、石川界人、友近/(2段目)10月3日出演の細谷佳正、咲妃みゆ、木村達成、壮一帆/(3段目)10月4・5日出演の梶裕貴、生駒里奈、有澤樟太郎、濱田めぐみ/(4段目)10月6日出演の吉沢悠、内田真礼、斉藤壮馬、朴路美<※公演日順>

 海野つなみの人気コミック「逃げるは恥だが役に立つ」が朗読劇になり、10月2日~10月6日にヒューリックホール東京で上演されることが明らかになった。

 2016年に新垣結衣と星野源の共演でドラマ化もされ、笑いと胸キュンあふれる展開で社会現象を巻き起こした同作は、恋愛経験ナシの独身サラリーマン・津崎平匡と、彼の家事代行として働き始めた森山みくりの波乱の契約結婚を描き出すラブコメディー。

 今回の朗読劇は、ラブストーリーに特化した東宝の朗読劇シリーズ「恋を読む」の第2弾。平匡とみくりに加え、平匡の同僚の風見涼太、みくりの伯母の土屋百合という4人のキャラクターを多彩なキャスト陣が日替わりで演じ、「恋を読む」第1弾の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に続いて劇団「ロロ」主宰の三浦直之が脚本・演出を手掛ける。

 10月2日には荒木宏文、妃海風、石川界人、友近が出演。10月3日は細谷佳正、咲妃みゆ、木村達成、壮一帆の4人がそろい、10月4・5日は梶裕貴、生駒里奈、有澤樟太郎、濱田めぐみが集結。10月6日には吉沢悠、内田真礼、斉藤壮馬、朴路美が出演する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >