2019/06/27 22:00

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本最速レビュー MCUフェーズ3の最終作にふさわしい作品に

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』はヒーローたちのいる世界だけでなく、マーベルを愛する観客たちにも大きなインパクトを与えるラストを迎えた。同作から直接的につながっている『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、ピーター・パーカー、そして世界がどうやって再び立ち上がるのかをスパイダーマンらしさ全開のユーモアやアクションとともに描いており、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ3の最終作にふさわしい作品に仕上がっている。(以下、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレをふくみます)

 本作の予告編では「どこに行っても彼を想い出す」という言葉とともに、自らを見出してくれたかけがいのない人物であるトニー・スターク(アイアンマン)の死を受け入れられず、悲しみにくれるピーター(トム・ホランド)の姿が映し出されていた。その言葉はピーターだけでなく、彼の死を悼む多くのファンの気持ちも表現していたのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >