2019/06/30 07:01

武田真治、筋肉ブレイクの胸中「不思議だし皮肉」

映画『Diner ダイナー』に出演する武田真治
映画『Diner ダイナー』に出演する武田真治

 NHKの「みんなで筋肉体操」で筋骨隆々な体を披露し、大きな話題を集めた俳優の武田真治(46)。最新映画『Diner ダイナー』でも“筋肉自慢の荒くれ者”というキャッチで、劇中では締まったボディーを惜しげもなく披露するキレキレの殺し屋ブロを好演している。現在のブレイクを「不思議であり、皮肉だなと思う」と語った武田に胸の内を聞いた。

この1年で足された言葉

 武田演じるブロは、殺し屋が集まる食堂「ダイナー」で、スペイン語を操りながらバカ騒ぎをする“輩”だ。上半身に鮮やかなタトゥーをまとい、我がもの顔で周囲を威嚇する。武田は「物語の序盤、作品の方向性を観客に提示する役。(メガホンをとった蜷川)実花さんに従って、ただただテンション高く演じました」と楽しそうに撮影を振り返る。

 前述したように、ブロには“筋肉自慢”というキャッチがついているが「昨年5月の撮影時にいただいた台本には“筋肉自慢”というフレーズはなかったんです。この1年で足された言葉なんですよね」と笑う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >