2019/07/03 21:15

湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』北米配給決定

『きみと、波にのれたら』より (C) 2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
『きみと、波にのれたら』より (C) 2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

 映画『夜明け告げるルーのうた』の湯浅政明監督が手掛けた新作『きみと、波にのれたら』の北米配給権が、GKIDSに決定したとDeadlineほか複数メディアが報じている。

 現在、日本で公開中の本作は、先月、アヌシー国際アニメーション映画祭でプレミアが行われた注目作。サーフィンが大好きな大学生のひな子と、消防士の青年・港(みなと)の恋を描く物語で、港の声を GENERATIONS from EXILE TRIBE の片寄涼太が、ひな子を川栄李奈が務めている。

 大学生のひな子は、将来の展望が見えずにいたある日、近所の火事騒ぎで、消防士の港と運命的な出会いを果たす。すぐにお互い惹かれ合い、恋に落ちた矢先、港が突如、海難事故で亡くなってしまう。港がいなくなった現実を受け入れられないひな子は、ある場所で歌を口ずさむと、亡くなったはずの港が姿を現す。

 GKIDSが配給した長編アニメは、2010年以降アカデミー賞長編アニメ部門に、細田守監督の映画『未来のミライ』を含め11作ノミネートされている。『きみと、波にのれたら』は、2020年米公開予定。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【動画】現在公開中!『きみと、波にのれたら』予告編
『きみと、波にのれたら』川栄李奈 単独インタビュー
片寄涼太、松本穂香のシュールなInstagramを大絶賛「僕も出たい」
細田守『未来のミライ』金ローで地上波初放送!『サマーウォーズ』も初本編ノーカットで
IOCがオリンピックアニメをポノックに依頼した3つの理由
アヌシー映画祭グランプリは切断された手が持ち主を探すユニークな作品

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >