2019/07/05 16:04

「映画検定」再び!Web受験がメインに

英検じゃないよ映検だよ (提供:キネマ旬報社)
英検じゃないよ映検だよ (提供:キネマ旬報社)

 株式会社キネマ旬報社は5日、1919年に創刊した映画雑誌「キネマ旬報」が創刊100年を迎えたことを機に、一時休止していた「映画検定」を再び開催することを発表した。

 「Web受験メイン」「3、4級の受験期間は1か月間」「複数回受験可能」などの変更点があり、これによってこれまで会場に行くのが困難だった人も受験しやすくなり、受験日とのスケジュール調整が簡単になるなどリニューアルしたものとなっている。また、総合プロデューサーを「映画検定」1級の合格者であり映画評論家の松崎健夫が務めることとなった。

 内容としては4級は「邦画・洋画を問わず、2015年以降に全国のシネコンで公開された映画が出題範囲」、3級は「邦画・洋画を問わず、ミニシアターで上映されるような作品を含む1980年代以降に公開された映画が出題範囲」、2級は「戦後に公開された映画全般が出題範囲」、1級は「映画の誕生から現代までの映画史を基に、あらゆる角度からの問題を出題」とされている。4~2級はすでに申込期間が始まっているが、1級は12月20日より申込受付がスタートする。

 1級合格者と2級合格者の中から約5名を、和歌山県田辺市で毎年開催されている「田辺・弁慶映画祭」の審査員に選出するなど様々な合格者特典が用意されている。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
「映画検定」公式サイト
【写真】「キネマ旬報創刊100年記念 映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事」
カンニングをビジネスにする高校生描く『バッド・ジーニアス』予告編
「襲る」「猟る」はどう読む?「第1回 日活ロマンポルノ検定」
米史上最悪の不正入学事件…「デス妻」女優ら14人が罪状認める取引に同意
寅さん!『男はつらいよ』新作の特報&ポスター公開!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >