2019/07/08 19:05

今夜スタート!上野樹里が13年ぶり月9主演「監察医 朝顔」見どころは?

13年ぶりに月9主演を担う上野樹里 提供:フジテレビ
13年ぶりに月9主演を担う上野樹里 提供:フジテレビ

 上野樹里が主演を務めるドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系)が今夜8日よる9時よりスタートする。13年ぶりに上野が月9ドラマの主演を務める本作の見どころを紹介する。

 原作は「週刊漫画サンデー」で連載され、6巻以降は電子版でのみの発刊になるも人気を博し続け、2013年発刊の30巻をもって完結をした同名コミック。主人公の万木朝顔(まき・あさがお/上野)は、大学の法医学教室に勤める新米法医学者。事件性の疑いの有無にかかわらず、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている。

 そんな朝顔と2人で暮らす父の万木平(まき・たいら/時任三郎)は、捜査畑を歩んできたベテラン刑事。ある日、平は朝顔の法医学教室が管轄する野毛山署へ異動になり、仕事相手としても朝顔に寄り添うことに。2人は解剖と捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かしながら、遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていく。

 法医学者と刑事という異色の父娘関係の2人だが、2011年3月11日に発生した東日本大震災で朝顔の母が被災。未だ遺体が見つかっておらず、2人の心にはぽっかりと穴が空いたまま。原作では、阪神大震災によって母を亡くしたという設定だが、ドラマでは東日本大震災により母が行方不明になっている、とアレンジが加えられた。フジテレビ系連続ドラマとしては初めて、東日本大震災を正面から描く作品となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >