2019/07/09 11:00

五つ星ホテルからの脱出劇 無差別テロ描く『ホテル・ムンバイ』9.27日本公開

宿泊客を守るため従業員が立ち上がる(『ホテル・ムンバイ』ポスタービジュアル) (c)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC
宿泊客を守るため従業員が立ち上がる(『ホテル・ムンバイ』ポスタービジュアル) (c)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

 インド・ムンバイで2008年に起きた同時多発テロを題材に、五つ星ホテルに閉じ込められた人々の姿を描く映画『ホテル・ムンバイ』が9月27日より日本公開されることが決定し、緊張感漂う予告編が公開された。

  2008年11月26日、テロリストによってムンバイの五つ星ホテルが占拠された。宿泊客と従業員あわせて500人以上が閉じ込められ、特殊部隊の到着は数日後という極限状態のなか、従業員たちは宿泊客を逃がすために立ち上がる。

 予告編は、同時多発テロが発生し、人々が逃げ惑うシーンで幕を明ける。テロリストによって占拠されたホテルでは、人質となった全員が恐怖に包まれるなか、従業員たちが宿泊客を脱出させるべく覚悟を決める。「35年勤めてきた、ここが家です」「お客様は神様です」という彼らの言葉も印象的だ。

 命がけで宿泊客を守ろうとするホテルの給仕役に、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』のデヴ・パテル。アメリカ人旅行客デヴィッドを、『ビリーブ 未来への大逆転』『君の名前で僕を呼んで』のアーミー・ハマーが演じている。監督は、本作が長編映画デビュー作となったオーストラリア出身のアンソニー・マラス。(編集部・倉本拓弥)

映画『ホテル・ムンバイ』は、9月27日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

【関連情報】
【動画】映画『ホテル・ムンバイ』予告編
五つ星ホテルで凄惨な殺戮…ムンバイテロ事件を戦慄の映像化
ラミ・マレック『007』悪役を引き受けた条件
戦車1両・砲弾6発、ナチス収容所から脱出せよ ロシア映画『T-34』公開決定
マット・デイモン×クリスチャン・ベイル!『フォードvsフェラーリ』来年1月公開
12名以上を殺した美貌の少年…実話を基にしたアルゼンチン映画8月日本公開

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >