2019/07/11 21:01

赤木圭一郎生誕80周年、ファンの心の中で生き続ける和製ジェームズ・ディーン

製作中止になった『激流に生きる男』のワンシーン。共演者の芦川いづみと。 (C)日活
製作中止になった『激流に生きる男』のワンシーン。共演者の芦川いづみと。 (C)日活

 “和製ジェームズ・ディーン”と称された日活のアクションスター赤木圭一郎さんの生誕80周年を記念して「ポスター集 赤木圭一郎は生きている」(諸星日出男・編。赤木圭一郎を偲ぶ会/日活株式会社・協力)がワイズ出版から刊行される。それを記念して7月12日~16日、横浜市港南区民文化センターのひまわりの郷ギャラリーで大ポスター展も開催される。赤木さんが21歳の若さで急逝してから58年。多くのファンの心の中で赤木さんは生き続けている。

 ポスター集を編集し、ポスター展の主催も手がけるのはコレクターの諸星日出男さん。1948年に神奈川県逗子市に生まれた諸星さんは、幼少時代から映画館に入り浸り、中でも地元が生んだ大スター・石原裕次郎さんのファン。好きが高じて、高校時代に裕次郎さん宅を訪問したところ、母親の光子さんからサイン入りブロマイドをもらったことをきっかけに、日活映画のアイテムを収集することに。その中に赤木さんのポスターもあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >