2019/07/13 09:15

土屋太鳳主演「Wの悲劇」11月放送 中山美穂が母親役

「Wの悲劇」で主演を務める土屋太鳳 (C)NHK
「Wの悲劇」で主演を務める土屋太鳳 (C)NHK

 1984年の薬師丸ひろ子主演映画をはじめ、度々映像化されてきた夏樹静子のミステリー小説「Wの悲劇」が、土屋太鳳主演によりドラマ化される。土屋は、製薬会社会長殺人事件の犯人とされるヒロインに、その母に中山美穂がふんする。共演に、美村里江、鶴見辰吾、松本岳、渡辺いっけい、大和田伸也、吉田栄作、夏木マリら。11月23日、NHK BSプレミアムで放送される(夜9時~10時29分)。

 小説「Wの悲劇」の映像化作品は、薬師丸ひろ子主演の映画版が広く知られるが、スペシャルドラマ、連続ドラマなども多数。1983年の松本伊代出演、2009年の菅野美穂主演によるスペシャルドラマ(いずれもTBS系)などがあり、近年では2012年に武井咲主演の連続ドラマ(テレビ朝日系)が放送された。

 過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとして放送される本作では、ヒロインの摩子(土屋)が大叔父の製薬会社会長・和辻与兵衛(大和田)を刺殺する事件の真相を追う。事件は、和辻家別荘で開かれたパーティーで発生。摩子の母・淑枝(中山)は集まった一族に娘の正当防衛を訴え、与兵衛の弟・繁(鶴見)や与兵衛の主治医・間崎(吉田)らは、強盗殺人に見せかけた隠ぺい工作を開始。パーティーの招待客だった摩子の先輩・春生(美村)も巻き込まれていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >