2019/07/19 22:30

キューブリック監督の未発表脚本、3作品の草稿が新たに見つかる

スタンリー・キューブリック監督 Sunset Boulevard / Corbis via Getty Images
スタンリー・キューブリック監督 Sunset Boulevard / Corbis via Getty Images

 スタンリー・キューブリック監督が書き残していた、3本の映画の構想と見られる脚本の草稿が新たに見つかったと The Guadian が伝えた。

 いずれも1954年から1956年までに書かれたもので、1本目の『マリード・マン(原題)/ Married Man』は35ページにわたるタイプ原稿で手書きのメモも付されている。2本目は『ザ・パーフェクト・マリッジ(原題)/ The Perfect Marriage』と題された、メモ書きといくつかのシーンについて書かれた7ページ分の原稿。3本目は『ジェラシー(原題)/ Jealousy』という、互いに憎悪を抱く夫婦についてタイプと手書きで記された13ページのストーリー原案だ。

 これらが書かれたのは、キューブリック監督と2人目の妻ルース・ソボトゥカとの結婚が、危機的状況にあった時期にあたる。

 『マリード・マン(原題)』の冒頭は、「結婚は、デザートが最初に出てくる、長い長いコース料理のようなものだ」と書き出されており、いずれの作品も結婚、嫉妬、不貞などが題材となっている。

 これらの作品は、ロンドン芸術大学のキューブリックアーカイブに寄贈されたとのこと。(鯨岡孝子)

【関連情報】
【動画】「シャイニング」続編映画予告編(海外版)
「シャイニング」続編映画、初予告!ユアン・マクレガーがあのホテルへ
「シャイニング」続編映画、キューブリックのイメージが登場する理由を監督が語る
「シャイニング」続編に名子役ジェイコブ・トレンブレイ
『2001年宇宙の旅』HALの声を務めたダグラス・レインさん死去
キューブリック監督のお蔵入り作品、原因は『シンドラーのリスト』の成功だった

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >