2019/07/16 15:47

『キングスマン』新作、映像が初公開!

「キングスマン」誕生の秘密が明らかに!(写真はYouTube『ザ・キングズ・マン(原題)』海外版ティザー予告編のスクリーンショット)
「キングスマン」誕生の秘密が明らかに!(写真はYouTube『ザ・キングズ・マン(原題)』海外版ティザー予告編のスクリーンショット)

 現地時間15日、映画『キングスマン』シリーズの最新作『ザ・キングズ・マン(原題) / The King’s Man』の海外版ティザー予告編が、米20世紀フォックスの公式YouTubeチャンネルで公開された。

 『キングスマン』シリーズの前日譚として、1900年代初期から第1次世界大戦にかけて、スパイ組織「キングスマン」がいかにして誕生したのかを描く本作。歴史上最も凶悪な暴君や犯罪首謀者などが企てる大量虐殺を阻止するため、一人の男が立ち上がる。

 映像では、激しさを増す戦場と貴族階級の人々が映し出されるなか、レイフ・ファインズふんするデューク・オブ・オックスフォードが、「真の力は、戦場に駆け出して見つかるのではない。真の敵が誰かを知り、どう倒すかを理解することの中にある」などと語る。映像のラストには、シリーズでお馴染みの高級テーラーも登場している。

 メガホンを取ったのは、シリーズ2作を手掛けたマシュー・ヴォーン監督。キャストにはレイフほか、テレビドラマ「TRUST」のハリス・ディキンソン、『007/慰めの報酬』のジェマ・アータートン、『ノッティングヒルの恋人』のリス・エヴァンス、『ラッシュ/プライドと友情』のダニエル・ブリュール、『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン、『キャプテン・マーベル』のジャイモン・フンスー、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のマシュー・グードらが名を連ねる。2020年2月14日全米公開予定。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】映画『ザ・キングズ・マン(原題)』海外版ティザー予告編
タロン・エガートン、キングスマン次作には出演しない!本人が認める
新「007」は黒人女性に 来年公開の最新作
『キングスマン』原作者、堺正章を語り出す
『キック・アス』リブート&スピンオフ企画が進行中!
タロン・エガートン歌上手すぎ!ミュージカルシーン満載の『ロケットマン』日本版予告

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >