2019/07/16 22:30

寅さんの少年時代、NHKでドラマ化 井上真央が育ての母役で主演

寅さんの育ての母・光子を演じる井上真央
寅さんの育ての母・光子を演じる井上真央

  映画『男はつらいよ』の主人公・車寅次郎の少年時代を描くNHKドラマ「少年寅次郎」の制作が決定し、井上真央が寅さんの育ての母役で主演を務めることが明らかになった。原作は、2018年に講談社より発売された、『男はつらいよ』の生みの親である山田洋次監督の小説「悪童 小説 寅次郎の告白」。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和が脚本を担当し、10月19日よりNHK総合にて放送される。現時点で、寅次郎役のキャストは発表されていない。

 今年12月には、記念すべき50作目となる映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の公開が控える『男はつらいよ』シリーズ。本作では、寅さんの少年時代に焦点を当て、出生の秘密、悪ガキ時代、最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つ14歳までの物語が描かれる。

 井上が演じるのは、寅さんの育ての母・光子。血のつながりのない親子でありながらも、寅さんは母を悲しませないためだけに、悪の道を何とか踏みとどまって生きてきた。本作には光子やさくらのほか、父の平造、祖父の正吉、兄の昭一郎、おいちゃん(平造の弟)の竜造、おばちゃん(竜造の妻)のつねなども登場する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >