2019/07/20 15:28

「3年A組」望月歩、初主演映画に感無量!

初主演映画の公開に感無量! - 望月歩
初主演映画の公開に感無量! - 望月歩

 俳優の望月歩が20日、ユーロスペースで行われた映画『五億円のじんせい』初日舞台あいさつで映画初主演となる本作への熱い思いを語った。舞台あいさつには、共演の山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督も登壇した。

 本作は、GYAOとアミューズによる合同オーディション企画「NEW CINEMA PROJECT」の第1回グランプリ作品を映画化した青春ドラマ。幼少期に募金で手術をして命を救われた主人公(望月)が、自らの人生に疑問を持ち葛藤する姿を描く。

 映画『ソロモンの偽証』前後篇やドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」など話題作に出演してきた望月は、「前から主役という立場に立ちたいと思っていました」と感無量な表情を浮かべると「『どうでしたか?』とお客さんに聞いて拍手してもらいたくて頑張ってきました」と思いを吐露する。

 これまでの撮影現場で数々の先輩俳優の背中を見てきただけに、主演への思いは強かった。「(ドラマ「埋もれる」主演の)桐谷(健太)さんや、(「3年A組」主演の)菅田(将暉)さんは、現場ですごくワクワクされていた。僕も現場では一番ワクワクしていようと思っていた」と振り返るも、「でも実際は、共演者の方と全然うまく話せなかった。心残りです」と反省点を挙げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >