2019/07/22 16:05

京都アニメーションが伝え続けた「日常」の豊かさ

京都アニメーション近くに供えられた花やイラスト Carl Court / Getty Images
京都アニメーション近くに供えられた花やイラスト Carl Court / Getty Images

 7月18日、京都府にあるアニメーション制作会社、京都アニメーションを襲った放火殺人事件。日本のみならず世界中で、アニメファンをはじめとする多くの人々が衝撃を受け、深い悲しみに沈んでいる。

 ここでは「京アニ」という通称で親しまれている京都アニメーションのこれまでの足跡を駆け足で振り返ってみたい。

 創業は古く1981年。虫プロダクションで彩色などの仕上げ作業をしていた八田陽子氏(現・専務)が、結婚後移り住んだ京都府宇治市で近所の主婦らとともに「京都アニメスタジオ」を立ち上げ、1985年に「京都アニメーション」として法人化した。丁寧な仕上げが高い評価を得るようになり、スタジオジブリの諸作品などの仕上げを請け負うようになる。90年代に入ってからは、演出、作画、仕上げ、背景、撮影などを自前で行う体制を整えた。

 「京アニ」がブランド化したのは2000年代に入ってからのこと。初めて元請けした「フルメタル・パニック?ふもっふ」(2003)がアニメファンから注目を浴び、人気恋愛アドベンチャーゲームをアニメ化した「AIR」(2005)では、原作に忠実でありながら、美麗な作画と画面演出で高い評価を受けた。この路線は「Kanon カノン」(2006)、「CLANNAD -クラナド-」(2007)に引き継がれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >