2019/09/08 07:12

中井貴一、掛け持ちはしない 一作入魂の役者人生

「仕事を決してぞんざいに扱わない」と語った中井貴一 - 写真:橋本龍二
「仕事を決してぞんざいに扱わない」と語った中井貴一 - 写真:橋本龍二

 構想13年、三谷幸喜監督が満を持して贈る最新映画『記憶にございません!』で、記憶喪失に陥った不人気総理・黒田啓介を熱演している中井貴一。三谷ワールド全開のなかで、コミカルとシリアスを巧みに演じ分けるその老練な表現力は、まさに役者人生38年の努力の賜物だ。「生涯をかけて『俳優・中井貴一の一生』という映画を監督するつもりでこの世界に入った」という中井が、これまで守り続けてきた自らのポリシーについて語った。

 映画『連合艦隊』(1981)で俳優デビューして38年、これまで時代に迎合することなく、年齢や経験を重ねながら、役者としてのスキルを地道に磨き続けてきた中井。今も主役として活躍し続けるその原動力を探ってみると、1つの壮大な「夢」と、1つの揺るぎない「掟」が見えてきた。「この世界で生きていくんだと決めたときに、僕は『俳優・中井貴一の一生』という映画を撮り続ける監督になろうと思ったんです。つまり、僕が出演する作品は、この壮大な映画のワンカット、ワンシーンであり、それを丹念に積み上げていくことで完成させようと。だから、まだまだ、道半ばなんですよね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >