2019/07/28 06:15

新海誠監督『天気の子』食事シーンのこだわりを語る!

3年ぶりの新作『天気の子』が公開中の新海誠監督 写真:中村嘉昭
3年ぶりの新作『天気の子』が公開中の新海誠監督 写真:中村嘉昭

 新海誠監督最新作『天気の子』が公開され、大きな反響を呼んでいる。ストーリー、映像、音楽……と語りどころが満載のなか“食事シーン”へのこだわりについて新海監督が公開前のインタビューで語った。

 『星を追う子ども』や『言の葉の庭』『君の名は。』など新海監督作品には、印象的な食事のシーンが数多くある。本作でも、主人公・帆高がさまざまな場面で料理を作ったり食事をしたりする様子が印象的に描かれる。

 新海監督は「物語のなかで、食事のシーンというものはとても大切であり、いろいろな意味が重なる。誰かと食事をするとき、お互いの口のなかを見せ合うという意味ではとても無防備な瞬間であり、関係性を投影できるんです」と強く意識しているそう。

 さらに新海監督は「人が違う土地に行き、そこでその土地のものを食べることは、そこの住人になるという側面もあると思う」と続ける。『君の名は。』で主人公・瀧が糸守町を探しにやってきた飛騨の食堂で、高山ラーメンを注文するシーンがあるが、そこでも食事を通して、町の人との距離が縮まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >