2019/08/04 14:05

『君の名前で僕を呼んで』監督、「蠅の王」映画化の監督候補に

ルカ・グァダニーノ監督 NurPhoto / Getty Images
ルカ・グァダニーノ監督 NurPhoto / Getty Images

 映画『君の名前で僕を呼んで』『サスペリア』のルカ・グァダニーノ監督が、作家ウィリアム・ゴールディングの小説「蠅の王」の映画化作品で、監督交渉に入ったと The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じている。

 本作は、ワーナー・ブラザースのもと企画されている作品で、現在は『キャプテン・マーベル』のジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のニコール・パールマン、『シエラ・バージェスはルーザー』のリンジー・ビアの3人の女性脚本家が立ち上げた制作会社・ノウン・ユニバースが製作総指揮を務めるための交渉に入り、同時期にグァダニーノ監督も交渉に入ったようだ。もし、双方の交渉が成立すれば、グァダニーノ監督は自身の製作パートナー、マルコ・モラビートと共に製作も担当する。

 原作の舞台は近未来の戦時下。疎開地へ向かう飛行機が墜落し、24人の少年たちは無人島に漂着する。初めは協力し合って島の生活を楽しんでいた彼らだが、やがて過酷な環境の中で対立するようになり秩序と理性を失っていく……という筋書き。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >