2019/07/30 12:32

超実写版『ライオン・キング』公開10日で早くも『アラジン』超え!【全米ボックスオフィス考】

さすがキング! - 超実写版『ライオン・キング』のシンバ (c) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
さすがキング! - 超実写版『ライオン・キング』のシンバ (c) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 先週末7月26日~7月28日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ディズニーの超実写版『ライオン・キング』が興行収入7,662万1,553ドル(約84億円)で2週連続となる首位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のハッピー・ホーガン役でもおなじみのジョン・ファヴロー監督が、ディズニー・アニメーションの名作を最先端のCG技術を用いて再映画化した本作。累計興収は公開10日目で3億5,187万3,087ドル(約387億円)に達し、早くも大ヒット作『アラジン』(累計興収3億4,618万234ドル・約381億円※公開10週目)を超えてしまった。

 2位には、レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットが共演したクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が初登場。興収は4,108万2,018ドル(約45億円)で、2009年公開の『イングロリアス・バスターズ』(興収3,805万4,676ドル・約42億円)を上回り、タランティーノ史上最大のオープニング興収を稼ぎ出した。カルト集団マンソン・ファミリーによる女優シャロン・テート殺人事件という史実を軸に、タランティーノ少年に大きな影響を与えたという1969年のハリウッドを描いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >