2019/07/30 12:32

超実写版『ライオン・キング』公開10日で早くも『アラジン』超え!【全米ボックスオフィス考】

 また、少しずつ公開館を増やしていた『ザ・フェアウェル(原題) / The Farewell』が公開3週目で10位に初ラインクイン。余命いくばくもない祖母に会うため、中国系アメリカ人の主人公(『クレイジー・リッチ!』のアウクワフィナ)が中国を訪れるさまを描くコメディードラマだ。インディペンデント映画の祭典サンダンス映画祭ロンドンでは観客賞に輝いた作品で、中国系アメリカ人の女性監督ルル・ワンがメガホンを取った。

 今週末は、『ワイルド・スピード』シリーズのホブス(ドウェイン・ジョンソン)&ショウ(ジェイソン・ステイサム)をメインに据えた『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』などが公開される。(編集部・市川遥)

7月26日~7月28日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(1)『ライオン・キング』
2(初)『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
3(2)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
4(3)『トイ・ストーリー4』
5(4)『クロール(原題) / Crawl』
6(5)『イエスタデイ』
7(7)『アラジン』
8(6)『ステューバー(原題) / Stuber』
9(8)『アナベル 死霊博物館』
10(12)『ザ・フェアウェル(原題) / The Farewell』

【関連情報】
【全米ボックスオフィス考】超実写版『ライオン・キング』記録破りの大ヒット!『美女と野獣』超え
【動画】上手ッ!吹替版シンバ役は賀来賢人「愛を感じて」歌唱シーン
本人と比較!タランティーノ新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』キャスト一覧
タランティーノ、携帯使った奴は即クビ!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』撮影現場
スパイダーマン映画史上初!『ファー・フロム・ホーム』世界興収10億ドル突破
『アラジン』世界興収10億ドル突破!日本もヒット牽引

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >