2019/07/30 19:32

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニー・Jrの希望で変更された場面

『アベンジャーズ/エンドゲーム』より Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
『アベンジャーズ/エンドゲーム』より Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、アイアンマンことトニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrが、ある場面に与えた影響について、脚本を手掛けたクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリーが、アメリカ・サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル2019」内のパネルディスカッションで語った。(この記事は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の重要なネタバレを含みます)

 『エンドゲーム』は、最強の敵サノスによって失われた全宇宙の生命の半分を取り戻すベく、生き残ったヒーローたちが再び立ち上がる姿を描いた『アベンジャーズ』シリーズ完結編。10年以上にわたって続いてきたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成として、『アバター』(2009)を抜き去り、全世界興行収入歴代ナンバーワンの座に輝いた。

 クリストファーとスティーヴンがパネルでふれたのは、先日、USATODAY.comで感動的な削除シーンも公開された、アイアンマンの死のシーン。この場面でトニーは静かに息を引き取るが、脚本家たちは当初、トニーのために何パターンものセリフを考えていたという。しかしスティーヴンは、10年以上にわたってトニーと過ごしてきたロバートの直観が、より感動的なラストを生んだと語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >