2019/08/05 22:14

早乙女太一『プロメア』応援上映に興味津々

リオ役を務めた早乙女太一
リオ役を務めた早乙女太一

 ロングランヒット中の映画『プロメア』の大ヒット記念ゲキ×シネ×プロメア一夜のチャンピオン祭が5日、新宿バルト9で行われ、同作で声優を務めた俳優の早乙女太一が来場。早乙女は、脚本家の中島かずきが熱弁する“応援上映”に興味津々な様子だった。

 『天元突破グレンラガン』シリーズや、アニメ「キルラキル」の今石洋之監督と脚本の中島が再タッグを組んだ長編アニメーションとなる本作。今年の5月24日に初日を迎え、数多くのリピーターを獲得。現在は興行収入約9億5,000万円まで数字を伸ばしており、興収10億円突破まで間近となっている。

 「最初は入らなくて、コケたなと思っていたんです」と語る中島は、『プロメア』の主要キャラクターであるリオ(早乙女)とクレイ(堺雅人)のオファーは「蛮幽鬼」での演技が念頭にあったということを踏まえて、「でも集まった皆さんの情熱で数字が伸びてきた。そういうのを見ていて、堺くん、太一くんが出ている過去の劇団☆新感線の作品と一気に観られる企画があったらと思ってできないかと聞いたら、けっこう腰の重い新感線がピュッと動いてくれて。さっき、新感線の本番を終えた太一くんがここまで来てくれた」と笑顔を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >