2019/08/07 07:00

佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優が涙…白石和彌監督『ひとよ』初映像

『ひとよ』ポスタービジュアル (C) 2019「ひとよ」製作委員会
『ひとよ』ポスタービジュアル (C) 2019「ひとよ」製作委員会

 劇作家・桑原裕子が主宰する劇団KAKUTAの舞台作品を、『孤狼の血』などの白石和彌監督が映画化した『ひとよ』(11月8日全国公開)の特報が公開。主演の佐藤健をはじめ、鈴木亮平、松岡茉優がふんする三兄妹がそれぞれ思いを口にして、涙を流す姿が見られる。

 運命を狂わせたある一夜の事件から、15年後に再会した家族の崩壊と再生を描く本作。愛する夫を殺した母こはる(田中裕子)は、子供たちに再会を約束して家を去る。15年後、長男・大樹(鈴木)、次男・雄二(佐藤)、妹・園子(松岡)は母親と再会するものの、三人はそれぞれ願った未来とは違う人生を歩んでいた。

 特報は、三兄妹のもとへ15年ぶりに帰ってきたこはるに、雄二が「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と痛烈な言葉を放つ場面や、大樹と園子がそれぞれ感情を爆発させ、涙を浮かべるカットが収められている。「あの夜から、みんな逃げらんねぇままだよ」という言葉と共に、涙を流す雄二の姿も印象的だ。

 キャストにはその他、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介が名を連ねる。 脚本は、『凶悪』で白石監督とタッグを組んだ高橋泉が執筆した。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】映画『ひとよ』特報
佐藤健、負けず嫌いは昔から
映画『ドラクエ』超豪華な声優キャスト【まとめ】
松岡茉優、いつだって前のめり くやしさは原動力
『凪待ち』香取慎吾&白石和彌監督、映画の暴力とタブーを語る
好きな「平成仮面ライダー」ランキングが発表!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >