2019/08/06 22:22

ダウン症俳優が主演の新作、批評サイトで高評価 LAでプレミア

米ロサンゼルスで8月1日(現地時間)に行われた映画『The Peanut Butter Falcon(原題)』のプレミア上映会にて。(左から)ダコタ・ジョンソン、ザック・ゴッサーゲン、シャイア・ラブーフ Tommaso Boddi / Getty Images
米ロサンゼルスで8月1日(現地時間)に行われた映画『The Peanut Butter Falcon(原題)』のプレミア上映会にて。(左から)ダコタ・ジョンソン、ザック・ゴッサーゲン、シャイア・ラブーフ Tommaso Boddi / Getty Images

[ロサンゼルス 2日 ロイター] - 米ロサンゼルスで1日、ダウン症の俳優が主演する新作映画『The Peanut Butter Falcon(原題)』のプレミア上映会が開かれ、キャストのザック・ゴッサーゲン、シャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソンらが会場に集まった。

 同作は、ゴッサーゲン演じるダウン症の青年ザックが施設を抜け出し、プロレスラーになる夢を追い掛けるというストーリー。ラブーフは、ザックが途中で知り合うならず者のタイラーを、ジョンソンは施設の看護師エレノアを演じている。

 ダウン症の俳優が主人公のハリウッド映画は少ない。『The Peanut Butter Falcon』で共同監督・脚本を手掛けたタイラー・ニルソンとマイケル・シュウォーツは、障害を持つ人たちのためのキャンプに参加した際にゴッサーゲンと知り合い、ゴッサーゲンが映画俳優になりたいと語ったことが、同作を作るきっかけとなったと話した。

 『The Peanut Butter Falcon』は高評価を得ており、映画批評サイト「ロッテン・トマト」では100%のポジティブなレビューを獲得した。

 全米公開は8月9日の予定。

【関連情報】
【画像】ダコタ・ジョンソンが出演した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
スタローン、生まれつき言語障害 映画界で成功するとは思っていなかった
白人化だけじゃない!障害のある俳優のチャンスを増やすべき 米慈善基金が訴える
自閉症の妹に売春あっせん『岬の兄妹』異例のヒット!2万人動員
合法で親族を拉致監禁…韓国恐ろしすぎる実在事件を描いた問題作
ダウン症の兄と発達障害のある弟が窃盗団を結成!? 今村昌平の系譜に連なる喜劇作が誕生!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >