2019/08/07 05:00

橋本環奈、R15+作品で20歳の挑戦 催眠デスゲーム『シグナル100』単独主演

「挑戦的なものをやりたい」と撮影に臨んだ橋本環奈 (C) 2020「シグナル100」製作委員会
「挑戦的なものをやりたい」と撮影に臨んだ橋本環奈 (C) 2020「シグナル100」製作委員会

 女優の橋本環奈が主演を務め、漫画「不能犯」の原作者・宮月新の人気コミックを実写映画化する『シグナル100』が、2020年1月24日に全国公開されることが明らかになった。自殺催眠をかけられた学生たちのデスゲームを描くR15+作品となり、橋本は「元々原作は知っていましたが、20歳になり挑戦的なものをやりたいと思っていた中で、この作品はうってつけだと思い、出演を決めました」とコメントしている。

 学級崩壊に苦しむ担任教師によって、自殺催眠をかけられた36人の生徒たち。歩く、食べる、笑う、泣くといった、何気ない100の行為が催眠発動のシグナルとなっており、暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。本作では、催眠を解くのか、自分以外のクラスメイトを殺して生き残るのか、人間の本性を暴く狂気のゲームが描かれる。

 橋本が演じるのは、持ち前の行動力と芯の強さで事件解決に奔走する主人公・樫村怜奈(かしむら れな)。『セーラー服と機関銃 −卒業−』(2016)以来、2作目の単独主演映画にして、主演作初の「R15+」指定作品への挑戦となった橋本は「20歳になって初めて撮影をした作品である今作の撮影は大変な面も多くありましたが、35人の生徒役のキャストの皆さんとスタッフに助けられながらつくりあげていき、思い入れのある作品になりました」と振り返っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >