2019/08/07 13:47

女優引退のキャメロン・ディアス「演技を恋しいとは思わない」

夫と幸せに暮らしているキャメロン・ディアス Jon Kopaloff / Getty Images
夫と幸せに暮らしているキャメロン・ディアス Jon Kopaloff / Getty Images

 2014年のミュージカル映画『ANNIE/アニー』への出演を最後にハリウッドの表舞台から姿を消したキャメロン・ディアス(46)が、「演技を恋しいと思わない」とInStyle誌に明かした。

 昨年、Entertainment Weekly による『クリスティーナの好きなコト』(2002)で共演した女優陣との同窓会インタビューで、自身の状況について「セミリタイア状態。というか実際、引退しているしね」と語っていたキャメロン。その言葉通り、2014年以降は女優業を行わず、2015年に結婚したロックバンド、グッド・シャーロットのベンジー・マッデンと静かに暮らしている。

 今回久々にインタビューに応じたキャメロンは「わたしは22歳で有名になって……もう25年前になるのね。長い時間よ。わたしは、自分の人生の半分以上を世間に与えたという風に考えている。だから今は自分のために時間を取って、態勢を立て直し、その世界にどのように復帰したいか決めてもいいんじゃないかと思うの。演じることを恋しいとも思わないし」とコメント。女優復帰の可能性を否定することはなかったものの、まだあまり考えられないようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >