2019/10/01 10:05

矢本悠馬、高校生役は「難しい」父親役で実感した変化

矢本悠馬
矢本悠馬

 実年齢が20代後半でありながら、連続ドラマ「べしゃり暮らし」や「今日から俺は!!」、映画『賭ケグルイ』『ちはやふる』シリーズなど、制服を着た高校生を演じることが多かった俳優・矢本悠馬。そんな彼が「しっかり自覚して父親役をやったのは初めて」という映画『アイネクライネナハトムジーク』が公開中だ。矢本が「自分にとっては重要な作品」と発言した真意に迫る。

 本作で矢本が演じたのは、三浦春馬ふんする主人公・佐藤の学生時代からの親友で、2児の父である織田一真。調子が良く、家ではゴロゴロし、セクシーなDVDを隠すことなくリビングに放置するなど、子供からは鬱陶しいと思われているちょっとダメな父親だが、ハートフルで憎めない一面も持つ愛すべきキャラクターだ。メガホンをとった今泉力哉監督も、伊坂幸太郎原作を実写化するうえでの成功のカギは、「キザなセリフを一人のキャラクターに集約させること」と話していたが、その役を担うのが一真であり、矢本の存在を頼りにしていたと話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >