2019/08/07 18:12

風間俊介が徳川家康役!大河ドラマ「麒麟がくる」尾野真千子、向井理ら新キャストが発表

風間俊介 提供:NHK
風間俊介 提供:NHK

 2020年に放送されるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に、尾野真千子、向井理、風間俊介、伊吹吾郎が出演することが決定した。

 本作は、美濃の斎藤道三を主君に持ち、その後、戦国の世に知将として名を馳せる明智光秀の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命を池端俊策オリジナル脚本で描く。明智光秀を長谷川博己が演じるほか、門脇麦、沢尻エリカ、本木雅弘、佐々木蔵之介、吉田鋼太郎など実力派キャストが脇を固め、語りを市川海老蔵が担当する。

 今回、尾野が旅芸人の女座長の娘・伊呂波太夫(いろはだゆう)役、向井が室町幕府第13代将軍・足利義輝役、風間が徳川家康役、伊吹が今川義元の軍師・太原雪斎役を務めることが明らかに。風間は、「震えています。歴史上、数々の偉人がいますが、その中でも徳川家康を演じさせていただける日がくるとは」と驚きつつ、「考えれば考えるほど身体と心が震えますが、これは武者震いです。大きく息を吸い、この震えが治まったとき、家康のように広い目を持って撮影に挑みたいと思います」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >