2019/08/08 12:19

タイカ・ワイティティ、『マイティ・ソー』第4弾の前に新作を監督へ

新作映画が続々! - タイカ・ワイティティ監督 Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images
新作映画が続々! - タイカ・ワイティティ監督 Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 マーベル映画『マイティ・ソー』第4弾のメガホンを取るタイカ・ワイティティ監督が、同作の前に別の新作映画を手掛けると、Varietyが独占で報じた。

 同サイトの情報筋によると、ワイティティ監督が脚本も兼任する新作映画のタイトルや公開日、内容は現時点で明かされていないものの、今秋にも撮影がスタートするという。『レッド・スパロー』のギャレット・バッシュ、『モーグリ:ジャングルの伝説』のジョナサン・カヴェンディッシュ、『ヴェノム』続編の監督に就任したアンディ・サーキスがプロデューサーに名を連ね、『ジョジョ・ラビット』(2020年1月全国公開)でワイティティ監督とタッグを組んだフォックスサーチライト・ピクチャーズが配給を担当する。

 ワイティティ監督は、先日『マイティ・ソー』シリーズ第4弾となる『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』(2021年11月5日全米公開)の監督に就任。同作は、2020年3月の撮影開始を予定している。また監督は、ハリウッド実写版『アキラ(原題) / AKIRA』も手掛ける予定だが、こちらは製作が無期限延期となっている。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】タイカ・ワイティティがヒトラーに!映画『ジョジョ・ラビット』特報
ナタリー・ポートマンが女性版ソーに!『ソー・ラブ・アンド・サンダー』発表!
新生アベンジャーズ、かなり異なるメンバー編成に!
マーベル“フェーズ4”作品を一挙紹介!
『アベンジャーズ』キャストも参加!ルッソ兄弟の監督・プロデュース作ラッシュがスゴい
マーベル“フェーズ4”以降はLGBTQヒーローが登場!社長が明言

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >