2019/08/13 06:35

山崎賢人、20代半ばに感じる葛藤や変化

活躍の幅を広げている山崎賢人
活躍の幅を広げている山崎賢人

 俳優の山崎賢人が初めて声の芝居に挑んだアニメーション映画『二ノ国』が公開を迎える。今年9月には25歳になり20代も折り返しに差し掛かる。数々の映画やドラマに出演し、主演を務めることも多かった山崎は、これまでの俳優人生をどう捉えているのだろうか。

葛藤する主人公に俳優人生を重ねた

 『二ノ国』で山崎が演じたのはユウという主人公。現実世界の一ノ国と魔法世界である二ノ国を行き来しながら、自らの運命を選択していく高校生だ。そんなユウに命を吹き込んだ山崎は「彼が葛藤しながら進んでいく姿」に自身の俳優人生を重ねたという。

 2010年にテレビドラマ「熱海の捜査官」で俳優デビューして以来、ほぼ途切れることなく映画・ドラマに出演しキャリアを積んできた印象があるが「たくさん作品をやらせてもらったことで、器用にやれちゃいそうになる瞬間ってあるんです。そんなとき、なんとも嫌な気分になります。フレッシュさを保ちたくなるんです」と自身が抱く“葛藤”の正体を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >