2019/08/11 10:00

超実写『ライオン・キング』撮影現場が公開!追い求めた映像作りの原点

壮大な大自然は全てCG! その撮影現場は? (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
壮大な大自然は全てCG! その撮影現場は? (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 映画『アイアンマン』(2008)や『ジャングル・ブック』(2016)を手掛けたジョン・ファヴロー監督が、ディズニーの名作アニメーションを最新のCG技術で映像化した『ライオン・キング』。全編CGとは思えないほどリアルな映像に圧倒される本作は、すでに全世界興行収入10億ドル(約1,100億円・1ドル110円計算)を突破する大ヒットを記録中だ。CGやVFXをふんだんに使用したハリウッド大作は珍しくはないが、ネイチャードキュメンタリーと全く見分けがつかないほどリアルに表現された世界観は、まさに革新的と言っていい。遡ること約1年半前、本作を製作中のアメリカ・ロサンゼルスにある制作スタジオを訪ねた。そこは、実写制作とバーチャルなプロダクションが融合したような、見たことのない撮影現場だった。

 現場に到着すると、ファブロー監督の案内でスタジオ内へ。大自然が舞台の本作だが、スタジオにセットは一切なく、部屋中にセンサーを読み取るカメラが配置されており、名撮影監督のキャレブ・デシャネルがバーチャル・リアリティ(VR)ゴーグルを装着して、カメラを操作していた。スタジオ内には、実写で使う移動撮影用のドリーやレール、ステディカム、クレーンなどが用意されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >