2019/08/11 07:01

“第2のカメ止め”の呪縛…『メランコリック』監督が抱くジレンマ

『メランコリック』の田中征爾監督
『メランコリック』の田中征爾監督

 今月3日より劇場公開され、連日大盛況となっている映画『メランコリック』。内容が全く異なる作品でありながら、無名の新人監督による低予算の自主制作映画、さらに国内外の映画祭で絶賛を受け、SNSなどの口コミによって注目された経緯が似ていることから、『カメラを止めるな!』(以下『カメ止め』)に続く作品としてカテゴライズされることが多い。メガホンを取った田中征爾監督が“第2のカメ止め”という呪縛について思いを語った。

深夜に風呂場を“人を殺す場所”として貸す銭湯が舞台

 本作は、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞、イタリアの第21回ウディネ・ファーイースト映画祭ホワイト・マルベリー賞(新人監督作品賞)などを獲得した田中監督の長編映画デビュー作。名門大学を卒業しながら、ニート生活を送る鍋岡和彦(皆川暢二)は、高校時代の同級生に勧められ銭湯でアルバイトを始める。だが、一見平和そうに見えるその銭湯は、閉店後の深夜、風呂場を“人を殺す場所”として貸し出していた……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >